病気になったので、とりあえず主夫(無職)はじめました

突然。生活が変わりました。とりあえず流れに身を任せよう。

通院と検査~現在の通院までの流れ【その2】

f:id:pure-feelings-si-1986:20170627115026j:plain

【総合病院】

 

いよいよ本格的な検診へ。

まず総合窓口で紹介状を渡し、神経内科の外来受付へ行くように案内される。

 

 

以前妻の出産まで付き添って総合病院の

付き添いをしていたので

ある程度想像は出来ていたのですが

とにかく診察までの待ち時間が長い。

自分の症状に不安もあり、

早く診察してもらいたいという思いも重なり

普段の倍以上待ち時間が長く感じました。

総合病院での通院とかになった時は

大体半日か1日は潰れる気持ちで

時間を潰せるものを持って行った方

いいですね。

 

 

あっ!そうそう話し戻します!

 

やっと自分の番が来て問診に入る。

これまでの経緯と症状を先生に伝える。

また自宅近くの内科の先生から診断書は

もらってませんが、

病名を書いてもらったメモがあったので

先生に渡す。

 

(先生)「あぁ~そうなんですね。とにかくその病気かも含めて診察したいですね。

まぁでも7割8割はその病気ではないかと思います」

(自分)「この病気って治るんですか?」

 

(先生)「病気の事ってネットで調べました?」

(自分)「いやまだ。正直どんな病気か全然分からないので

そのまま来ました。」

 

(先生)「まぁ人にもよりますが、かかった人のほとんどが元に

戻ってますよ。有名人とか芸能人でもかかった人いますし」

(自分)「あぁ~そうなんですね」

 

(先生)「じゃあまず体の各部分チェックをします。」

(自分)「はいっ」

 

診断が始まり、各所チェックが入る。

(先生)「あれっ?」

 

(先生)「あれっ?んっ。。。」

 

(先生)「あれっ?んん~」

各所チェックする度に先生の困惑に、僕の方がもっと困惑。

 

(自分)「大丈夫ですか?」

(先生)「大丈夫ですよ。何故か目以外に麻痺がないのが不思議なんですが、

他の病気で複視の症状を起こす、命にかかわる病気もあるのでその検査だけ

至急したいんですけど、大丈夫ですか?」

 

(自分)「ん?あっ、はい。」

という訳で、診察前に脳のCTと採血はしてたんですけど、

追加で頭のMRIと髄膜検査が追加。

頭のMRIは初めてでしたが、

周りの人曰く、すごくうるさくて嫌な検査と聞くも

そんなに思った程うるさいとは感じず、若干眠ってしまいそうでした。

 

しか~し!これかの検査がちょっと嫌でした。

髄膜検査も初めてなんですけど、何が嫌かというとまずお尻を半分くらい

出さないといけない事。

自分お尻は小汚いと思っていて、自身がないというのか

妻以外の女性に汚ケツ(おけつ)を見せるのが嫌でした。

 

あと腰に針を刺すみたいなんですけど、結構痛いって聞いてビビりましたが

刺すとき(検査中)はそんなものではなく、どちらかというと

検査後数日、腰の痛みが酷くて仕事するのがとても大変でした。

 

あと検査終わってすぐ

(先生)「自由にしていいですよっ

 

って言われたんで、起き上がろうとしたら

(先生)「あぁ~ダメダメ!髄液こぼれちゃいます!」って

言われた時はどっちやねんってツッコミそうになりました。

 

髄液はこぼれちゃって頭から液が少なくなっちゃうと

頭痛がするらしくめちゃくちゃ焦りました( ;´Д`)

 

検査が終わり16時頃(11時くらいからずっと病院にいます

検査結果合わせて診察室へ。。。

 

(先生)「MRIと髄膜は問題なく、脳梗塞だったり髄膜炎の心配はないようなので

入院等は必要ありません。ただ病名がはっきり出来ないので経過観察をしたい事と

血液の検査を大学等に依頼して詳しく調べてもらうので時間がかかります。

しばらく通院してもらって症状を見ましょう。何か生活に影響が出る症状がでる場合は

すぐに連絡してください」

 

との事で通院且つ経過観察(検査)がはじまりました。

ここから病名が確定するまで3か月近くかかりました。

(※これは先生のせいではなく、血液検査の結果が返ってこないせいですが

その理由はまた別の記事で紹介しようと思います)